手々地区ふるさと留学センター長 あいさつ
IMG_1801.JPG

 自然豊かな場所で子育てがしたい!子どもと向き合い、子どもの可能性を最大限に引き出したい!そんな思いで一念発起、平成30年3月に熊本から家族6人で移住をしてきました。

 不安はもちろんありましたが、地域の方々の温かさに触れる中で、不安は安心へと変わっていきました。そして豊かな自然に出会う中で、心が洗われるような感覚を覚えました。そんな人と自然の豊かな徳之島手々地区で、一人でも多くの子どもたちと一緒に、学び、遊び、考えていけることに喜びを感じています。

 手々地区留学センターでは、手々をはじめ徳之島の豊かな自然に中でのシュノーケリングやシーカヤック、サップなどの体験や、ウミガメやアマミノクロウサギをはじめとする天然記念物や固有種などの観察にも出かけます。また、手々集落での伝統ある集落行事には積極的に参加し、地域の方々との関わりを大事にしています。 

 様々な価値観を持った子どもたちが一つ屋根の下で暮らすのですから、色々な問題も出てくることと思います。一人一人の意見を尊重し、より良い環境の下で、お互いが切磋琢磨できる場所でありたいと願い、努力してまいります。

                         センター長 川口 裕美子